「九十九里ナンバー」あったらいいですよね!

九十九里ナンバーの愛車にボードを積んで波乗り、どうですか?

外房に住んでいるのに、「袖ヶ浦」ナンバー、どうもしっくり来ない!

みんなの力を合わせて、波を起こそう!


2008年09月11日

9/10〜9/13 一宮・玉前神社はだか祭り

この祭りは、“裸まつり”とも称し、平安時代大同2年(807年)に始まったと伝える。 房総半島に多い浜降り神事のなかでも伝統と格式を誇り、一宮町の無形民族文化財に指定されている。 玉前神社ご祭神・玉依姫命を中心とするご一族の神々が、年に一度由縁の釣ヶ崎海岸で再会される儀式で、9基の神輿・七頭の騎馬に千名余りの裸の男達が九十九里の大海原を背に疾走する様は圧巻。拝観料無料。

同日、玉前神社境内では神輿を送る上総神楽(県無形民族文化財)の奉納や、地元中学生による巫女舞(午前)などがある。 この日の先がけて9月10日午後には、玉前神社で鵜羽神社迎祭があり、子育て信仰による親子の神輿くぐり(無料)や稚児参りなども行われ境内は親子連れで賑わう。

【開催日時】 2008年9月13日(土) 13:00〜20:00 雨天決行
【場  所】 一宮の玉前神社、他各社→一宮・釣ヶ崎(海岸)祭典場 →一宮・玉前神社、他各社
【お問合せ】 十二社祭り保存会(玉前神社境内) 0475-42-2711 (8:30〜17:00)

※諸状況により日程・時間・場所などが変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せください。
http://www.enjoytokyo.jp/OD004Detail.html?EVENT_ID=163115


玉前(たまさき)神社はだか祭 はだか(十二社)祭りは、約1200年前の大同2年(807年)に始まったと伝えられています。房総半島に多い浜降り神事のなかでも最古の伝統と格式を誇り、現在は一宮町の無形文化財(平成15年4月 千葉県無形民俗文化財)に指定されています。 9/10日に鵜羽神社祭礼、12日の宵宮祭を経て、13日が本祭となります。玉前神社境内では上総神楽の奉納が行なわれます。

http://www.ichinomiya.org/
posted by Yukitake99 at 16:38| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106397819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。